11月15日は「かまぼこの日」。 千年前(1115年)がルーツ

保存性やおいしさを追求した加工技術

かまぼこ製品が初めて文献に登場するのは、平安時代初期のことですが

これより前から、棒に魚のすり身を付けて焼いて食べていたようです。

現在おなじみの、板に乗せたかまぼこが登場するようになったのは室町時代になってから。

その地域の”地魚”のおいしさと先人の知恵が凝縮された日本独特の加工技術といえます。

 

※全国かまぼこ連合会発行 「かまぼこ なんでもバイブル」からの抜粋