塩釜の恵み 高浜

宮城県塩釜のこだわりの
かまぼこを
全国の食卓へ。

安全・安心への取り組み安全・安心への取り組み

安全・安心のための取り組みをご紹介します。

食品安全への取り組み

食品安全方針

安心・安全に留意して、各部門は常に社内コミュニケーションを図り、信頼される商品を提供し社会に貢献していきます。
1. 法令遵守、顧客との契約内容を順守し、健全な企業活動を実施します
2. ISO 22000に基づき、食品安全マネジメントシステムを運用・維持、有効性の確認を実施し、継続的改善に取り組みます
3. 地球環境に配慮し、省エネルギー・省資源・廃棄物の排出削減など自然環境の保全に努めた商品の提供をします
4. 全従業員に食品安全の重要性を認識させ、個人個人のスキル向上を図ります
5. お客様のご意見・コメントなど真摯に受け止め、改善および向上をします
6. 内部及び外部コミュニケーションに取り組み、食品安全情報の伝達を行います
7. 全従業員に対して、食品安全方針の周知徹底をし、より良い会社づくりを目指します
2019年10月1日
株式会社 高浜
代表取締役社長
高濱 布之

品質管理への取組み

私たち株式会社高浜は、全社を適用範囲とし、品質管理に関する国際規格であるISO 9001に準拠した品質マネジメントシステムを参考とし、業務を実施しております。

ISO9001のマネジメントシステムは、製品やサービスの品質保証を通じてお客様や市場のニーズに応え、継続的改善を実現していくものです。

規格 JIS Q 9001:2008 (ISO 9001:2008)
登録対象製品 魚肉練り製品及び惣菜の企画開発、製造
事業所
本社 宮城県塩釜市貞山通3丁目1-10
本社工場 宮城県塩釜市貞山通3丁目1-10
第二工場 宮城県塩釜市貞山通3丁目7-13
第三工場 宮城県塩釜市新浜町3丁目12-10
品質方針 当社は魚肉練り製品および惣菜の製造を主体とし

  1. 法令順守
  2. 各部門は顧客満足の向上のための活動を実施すること
  3. 各部門は事業計画必達のための品質目標を策定し業務遂行すること
  4. 各部門は標準原価での製造をするため、情報共有し、迅速かつ円滑に業務遂行すること
  5. 品質方針の周知徹底

上記の項目を実施し、安全で喜んで頂ける商品を提供し社会に貢献する会社を目指します。

放射性物質に関する取り組み

株式会社高浜では、消費者の皆様へ安心して弊社食品をお召し上がり頂くために、株式会社日立産機ドライブ・ソリューションズ(習志野市東習志野)に依頼し、食品のモニタリング検査を実施しております。実施、測定の結果を下記に報告させて頂きます。

高浜商品の放射能濃度測定結果報告

測定日
2019年12月12日
商品名 測定項目
仙台逸品笹かまぼこ5枚入 ヨウ素131(Bq/kg)
検出下限値 4
セシウム134(Bq/kg)
検出下限値 5
セシウム137(Bq/kg)
検出下限値 5
不検出 不検出 不検出
仙台逸品しそ入り笹かまぼこ5枚入 ヨウ素131(Bq/kg)
検出下限値 4
セシウム134(Bq/kg)
検出下限値 5
セシウム137(Bq/kg)
検出下限値 5
不検出 不検出 不検出
仙台逸品3種のチーズ入り笹かまぼこ5枚入 ヨウ素131(Bq/kg)
検出下限値 4
セシウム134(Bq/kg)
検出下限値 4
セシウム137(Bq/kg)
検出下限値 4
不検出 不検出 不検出
特選吉次入り笹かま3枚入 ヨウ素131(Bq/kg)
検出下限値 4
セシウム134(Bq/kg)
検出下限値 5
セシウム137(Bq/kg)
検出下限値 5
不検出 不検出 不検出

※測定結果の「不検出」とは検出下限値未満を示しています。

高浜商品の放射能濃度測定結果報告

株式会社日立産機ドライブ・ソリューションズにおける測定

緊急時モニタリング計画における食品の放射能測定・分析」に基づき、ゲルマニウム半導体検出器により、放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウムCs-134,Cs137)の放射性核種を測定しています。

測定時には、定量下限値の3分の2を検出下限とし、定量下限値未満、検出下限値以上の検出がある場合においては、想定時間を延長し、確定検査を行っています。

検査および判定法

厚生労働省「緊急時における食品の放射線測定マニュアル」に準ずるGey線スペクトロメーターによる核種測定(定量下限値5Bq/kgにての核種測定)

測定方法1

シンチレーションサーベイメータによる放射性ヨウ素の測定

測定方法2

ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

検査場所

株式会社日立産機ドライブ・ソリューションズ 環境管理センター(千葉県習志野市)

測定基準

基準値は、すべての人が摂取し代替がきかず、摂取量が多い「飲料水」、乳児だけが食べる「乳児用食品」、子どもの摂取量が特に多い「牛乳」など、特に配慮が必要と考えられる食品については区分を設け、それ以外の食品は、個人の食習慣の違い(飲食する食品の偏り)の影響を最小限にするため、一括して「一般食品」として設定。当社商品は「一般食品」の区分となります。

詳しくはこちら

放射性セシウムの基準値
食品群 規制値(単位:ベクレル/kg)
一般食品 100
乳児用食品 50
牛乳 50
飲料水 10